患者さんと“一緒に”治す くまのて接骨院 熊谷卓眞

日本の高齢化に伴い、柔道整復師の数は年々、増加しています。
厚生労働省の最新のデータ(平成26年)では、柔道整復師は日本に63873人います。

この中から自分にあった柔道整復師を見つけることは容易ではありません。
そこで、今回は、治療に対して独自の考え方を持つ柔道整復師さんを紹介します。
それは、スクーデリア長津田の所在地「長津田」より二駅隣の「青葉台」にあります、
くまのて接骨院」の院長『熊谷卓眞』さんです。

header02.jpg

slide2.jpg

熊谷さんは横浜市緑区若葉台の出身。
「地元に貢献したい!」という思いとアクセスの良さも考え、
2010年、地元に近い青葉台に、くまのて接骨院を開院。
学生から高齢者の方々、さらにトップアスリートまで幅広い方々の治療を行っています。

熊谷さんの治療に対する独自の考え方とは、『患者さんと“一緒に”治す』というものです。
どういうことか熊谷さんに伺ってみると、
症状によっては治療だけでは改善し切れないものもあるのだとか。
そこで、熊谷さんが患者さんに行っているのが、ストレッチの指導です。
症状の原因の多くは日常生活にあるため、
治療に加えて、患者さん自身にストレッチを日常生活に取り入れてもらうことで、
症状の早期回復や再発防止に繋がると言います。

『患者さんと“一緒に”治す』とは、ただの「柔道整復師と患者」という関係ではなく、
お互いを信頼し、協力して治療に取り組む関係になるということで、
この考え方はとても素晴らしいと私は感じました。

最近、「身体の調子が悪いんだよな…」とか「何か違和感がある」と少しでも悩んでいる方は
是非、くまのて接骨院に一度足を運んでみて下さい。
くまのて接骨院の公式Twitter(@kumanote3)もありますので、
よろしければこちらもご覧下さい。

また、今年の5月にはスクーデリア長津田の活動拠点である「玄海田公園」にて、
スクーデリア長津田とのコラボ企画『ストレッチ講習会』を無料で行っていただきました。

IMG_7628.JPG

この場をお借りしてお礼申し上げます。
今後も『ストレッチ講習会』を開催予定ですので、こちらへの参加もご検討下さい。

スクーデリアランニングジャパンはこれからも地元企業の方々と連携し、
地元に密着したチームとして活動していきますので、よろしくお願いします。
(掲載希望の方は問い合わせからご連絡ください。)

長津田支部代表 瀬能展也

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close