地域の練習会を考える

スクーデリアは各地域で、その地の利を生かした練習会を開催しようということを大事にしています。

例えばスクーデリア長津田の周辺にはいくつかの里山がありました。それは決して「クロスカントリーコース」ではなく、地域の里山です。しかしそれもランナーが集まって、そこで走れば周回コースとなる。そうやってスクーデリアのクロスカントリー練習会は開催されました。

埼玉での練習会も、今運営陣が考えていますが、埼玉は関東平野に属しているため、どこもかしこもフラットな道を取ることができます。こういったところをどう生かせるか。それはスクーデリア埼玉の運営陣次第であります。

とにかく、どうやってその地の利を生かせるか。どうやってその地域に人を呼ぶことができるか。運営は主に大学生がやっていますが、そうやって自分の故郷やお世話になった場所に貢献できるというのは、運営側にとっても参加者にとっても素敵なことだと思います。

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close